2006年10月25日

青根温泉 じゃっぽの湯

青根温泉の「じゃっぽの湯」に行ってきました。
今年の4月にオープンした共同浴場です。

P1030602.jpg

こちらも遠刈田の「神の湯」と同じで木の香りいっぱいの温泉で地元川崎の木材を使用しているそうです。
お湯は源泉かけ流し
弱アルカリ性の単純温泉です。
15人ほど入れる浴槽で神の湯に比べればちょっと小さめですが、
私はこちらの青根温泉の方が好み
遠刈田は私にとっては熱すぎて^^;
泉質は閉鎖した大湯と同じようです。あの大湯とは随分違うね〜
なんて思いながらまったりしていました。
かなり味のある外観、浴室だったね、大湯は
秘湯好きにはたまらないところだったと思います。

「じゃっぽの湯」
〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉9-1
      0229-87-2112
時間 6:30〜21:30 入浴料金 大人300円(川崎町民250円) 子供150円
石鹸などは置いていないので、準備していってくださいね



posted by はっち at 22:45| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
源泉かけ流しの温泉!

「じゃっぽの湯」ですか、いいですねぇ…かけ流しってところが。
やっぱり温泉は源泉かけ流しがたまりません。

たまに循環加温式なところもありますから、それはそれで仕方が無いのですが…。
低いところからくみ上げていて、温泉だけど温度が少し低いので加温しないと入れないとかあるから。

あ〜ッ、温泉の旅から帰って来て家の狭いお風呂に入ると、足が伸ばせる温泉が恋しくなります。
Posted by tom at 2006年10月26日 21:37
『源泉掛け流し』いい響きですね〜。
ここは知らなかったです。
道路は何回も通ってるんですけど、全然気付きませんでした。
もう少し寒くなったら神の湯と梯子してみます。
Posted by S.T.M. at 2006年10月26日 22:12
tomさん、
温泉旅じゃなくてスケッチ旅でしょ!(笑)
tomさん毎日露天入ってて、ホント羨ましかったです(´・ω・`)
ここは露天はありませんが、いいとこでしたよ
源泉かけ流しってだけでなんか癒されます‥


S.T.M.さん、 じゃっぽの湯は駐車場も広いし286から、蔵王に行く道にあるのでわかりやすいと思います。
神の湯と梯子!?
うわ〜いいですね〜(#^-^#)
Posted by はっち at 2006年10月27日 03:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。