2009年01月08日

お邪魔します。

先日、花巻までドライブ。
そこでこちらにお邪魔してきました。

IMG_9448-2.jpg

宮沢賢治が北上川の段丘の上で一人暮らしをしていたときの家です。

IMG_9454-2.jpg

その場所で農作業をしながら、羅須地人協会をつくり、若者たちを集めて土壌学、芸術論を教えていたそうです。
その「羅須地人協会」は今は宮沢賢治が教師をしていた花巻農業高校の敷地内にあります。

IMG_9446-2.jpg

IMG_9432-2.jpg

IMG_9436-2.jpg

古いオルガン。
玄関を入ってすぐの場所に置いてありました。
上の椅子のある教室にもオルガンがあります。この場所では農業指導だけではなくコンサートも行われていたそうですよ。

IMG_9442-2.jpg

外はとても風が冷たく寒い日でしたが、窓から優しい光が差してました。

「羅須地人協会」
岩手県花巻市葛1-68(花巻農業高校庭園内)

館内を見学する際は学校の事務室で鍵を借りてください。
今の期間は土・日・祝日は館内の見学が出来ないそうです。


posted by はっち at 21:18| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羅須地人協会ですか。
懐かしい……。
あの素朴な立て看板が好きです。
今でも下の畑で農作業をしている賢治に出会えそうで……。

中に入ると意外とこじんまりしてますよね。
あ、風邪の又三郎のマントは見てきましたか??
Posted by tom at 2009年01月11日 05:01
>tomさん
tomさんも羅須地人協会に行ったことあるんですね。
あの看板いいよね。
高校生がずっと上書きしてるって聞いたけど、ずっと残してほしいな。

そうそう中はとてもこじんまりとしていました。
風の又三郎のマント??見て来なかったー。
イギリス海岸は行って来ましたが・・・。
突発的に花巻に行ったため、時間が全然足りず・・・。
もったいないことしました。
Posted by はっち at 2009年01月15日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。